遺産放棄

遺産放棄の方法

遺産の放棄には、手続きが厳格な家庭裁判所での相続の放棄と、家庭裁判所では何も手続きを行わず事実上遺産をうけとらないだけの事実上の放棄があります。

債務超過等で、借金を負いたくない場合

この場合には、きちんと家庭裁判所で、「相続の放棄」の手続きを行う必要があります。期限は、自分に相続が開始したことを知った時から3か月です。例えば、故人と疎遠で、葬式にも呼ばれず、債権者からの督促によって死亡を知ったということであれば、その催促の日から数えて3か月となります。
相続の放棄は、相続人1人1人が個別に家庭裁判所で手続きを行う必要がありますので、他の親族まかせにせず、ご自身で手続きを行いましょう。

「相続の放棄」

自分は遺産がいらないが、他の特定の
親族に多くうけとってもらいたい場合

家庭裁判所における相続の放棄をとると、相続人としての資格が一切無くなりますので、例えば、「私はいらないからあなたにあげる」といった調整方法がとれなくなってしまいます。

このような場合は、相続の放棄ではなく、「相続分の譲渡」という手続きをとることで希望の相続人に多く残すことができます。

「相続分の譲渡」

自分は遺産がいらないが、遺産分割に
一切関わりたくない場合

家庭裁判所において、相続の放棄をしない限り、ご自身は相続人の1人となってしまい、遺産分割の手続きにおいて実印の押印を求められたり、裁判所から呼び出しがきてしまいます。
まきこまれたくないだけなのになぜ、というお気持ちはわかりますが、「相続の放棄」の手続きを行うことが良いでしょう。

「相続の放棄」

相続の放棄をするまでの注意点

相続の放棄前に、相続財産を処分
してしまわないようにご注意下さい。

借金を承継しないためには、相続の放棄をする必要がありますが、相続の放棄前に、相続財産を処分してしまうと、相続の放棄ができなくなってしまいます。ご注意ください。
どのようなケースが禁止行為に当たるかはケースバイケースですので、ご相談ください。

なんでもご相談ください。

私達専門家が全力でサポートし、
遺産相続のお手伝いをさせていただきます。

ただし、おひとり様、一つの相続問題について1回限り。
下記の相談フォームか、お電話でお気軽にお問い合わせください。
  • 0120-181-398
  • 無料相談のお申し込み
サリュについて・弁護士紹介はこちら

他県も対応・全国9事務所

〒104-0061
東京都中央区銀座5-1-15 第一御幸ビル7階
TEL:03-5537-3830 FAX:03-5537-3840

〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング13階
TEL:045-290-5010 FAX:045-290-5020

〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-10-2 GINZA YAMATO3 2階
TEL:048-729-4691 FAX:048-729-4692

〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅4-5-28 桜通豊田ビル14階
TEL:052-462-1987 FAX:052-462-1988

〒530-0047
大阪市北区西天満4-8-17 宇治電ビルディング606号
TEL:06-6130-0117 FAX:06-6130-0118

神戸事務所へ問合せ

〒530-0047
兵庫県神戸市中央区浪花町59 神戸朝日ビル11階
TEL:078-325-3027 FAX:078-325-3028

〒758-0046
山口県萩市西田町67-2
TEL:0838-22-3456 FAX:0838-22-3469

〒759-4101
山口県長門市東深川1384‐1
TEL:0838-22-3456 FAX:0838-22-3469

〒810-0004
福岡県福岡市中央区渡辺通4-10-10 紙与天神ビル6階
TEL:092-791-1783 FAX:092-791-1784